いのちのオアシス

バイブルビタミン

2017年06月24日

罪の汚れをきよめる


今日のことば

民数記19:9(新改訳) 身のきよい人がその雌牛の灰を集め、宿営の外のきよい所に置き、イスラエル人の会衆のため、汚れをきよめる水を作るために、それを保存しておく。これは罪のきよめのためである。

コメント

このところで記されている儀式は汚れをきよめる水をつくるための灰を作るものでした。聖い神の前に汚れた人間がいかにして近づくことができるか。旧約聖書の儀式はすべて、新約聖書におけるキリストの罪のための贖いと私たちを神の前に義とする働きを描写しています。へブル書にこのように説明しています。「もし、やぎと雄牛の血、また雌牛の灰を汚れた人々に注ぎかけると、それが聖めの働きをして肉体をきよいものにするとすれば、まして、キリストが傷のないご自身を、とこしえの御霊によって神におささげになったその血は、どんなにか私たちの良心をきよめて死んだ行ないから離れさせ、生ける神に仕える者とすることでしょう」(へブル9:13-14新改訳)。キリストの死は私たちの罪を赦すだけではなく、私たちの汚れた良心をもきよめて、聖い神に仕えるものとするのです。「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです」(2コリント5:21新改訳)。

炉心

 

 

今日のQT箇所:民数記19:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。