いのちのオアシス

バイブルビタミン

2017年03月27日

神のメッセンジャーを選べない


今日のことば

ルカ20:2-7(新改訳) イエスに言った。「何の権威によって、これらのことをしておられるのですか。あなたにその権威を授けたのはだれですか。それを言ってください。」 3 そこで答えて言われた。「わたしも一言尋ねますから、それに答えなさい。 4 ヨハネのバプテスマは、天から来たのですか、人から出たのですか。」 5 すると彼らは、こう言って、互いに論じ合った。「もし、天から、と言えば、それならなぜ、彼を信じなかったか、と言うだろう。 6 しかし、もし、人から、と言えば、民衆がみなで私たちを石で打ち殺すだろう。ヨハネを預言者と信じているのだから。」 7 そこで、「どこからか知りません。」と答えた。

コメント

パリサイ人は理解を求めていたのではなく、イエスを訴えて、とらえるためにわなを仕掛けようとしていました。イエスが何と答えても、不信感を持ち、人々にも同じ不信感を持たせようとしました。神様はあらゆる手段やメッセンジャーを用いて語ろうとします。しかし、神のことばと心を受け入れると心がなければ、だれが語ろうと、受け入れようとしません。ルカは以前にも、このことについて、解説しました。「ヨハネの教えを聞いたすべての民は、取税人たちさえ、ヨハネのバプテスマを受けて、神の正しいことを認めたのです。これに反して、パリサイ人、律法の専門家たちは、彼からバプテスマを受けないで、神の自分たちに対するみこころを拒みました」(ルカ7:29-30新改訳)。神がどのような器を用いても私たちは聞く耳を持たなければなりません。

炉心

 

 

今日のQT箇所:ルカ20:1₋8
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。
cxmGIn.qr.2 (66×66)