いのちのオアシス

バイブルビタミン

2017年07月4日

生きることはキリスト、死ぬことはまた益です


今日のことば

民数記23:8-10 神がのろわない者を、私がどうしてのろえようか。主が滅びを宣言されない者に、私がどうして滅びを宣言できようか。岩山の頂から私はこれを見、丘の上から私はこれを見つめる。見よ。この民はひとり離れて住み、おのれを諸国の民の一つと認めない。だれがヤコブのちりを数え、イスラエルのちりの群れを数ええようか。私は正しい人が死ぬように死に、私の終わりが彼らと同じであるように。」

コメント

バラクはバラムにイスラエルを呪うためにやといました。しかし、バラムはバラクに言われたとおり、主が与えたことばだけを語りました。それはイスラエルの祝福でした。神はイスラエルに対して、祝福する者を祝福し、呪う者を呪うと言われました(創世記27:29参照)。バラムはイスラエルに対する神の祝福をむさぼりましたが、後にイスラエルを罪に陥れる策を図り、最終的にはイスラエルの敵とともに滅ぼされました(民数記31:8,16参照)。最後まで主とともに歩み、生きるのも、死ぬのも主の栄光のためであることを求めたいです(詩篇116:15;黙示録14:13参照)。パウロは言いました。「私にとって生きることは、キリストのために良い機会を得たことを意味し、死ぬことは、さらにすばらしいことを意味するからです」(ピリピ1:21リビングバイブル)。それはイエスが約束したことも信じるからです。「イエスは言われた。「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。また、生きていてわたしを信じる者は、決して死ぬことがありません。このことを信じますか」(ヨハネ11:25-26新改訳)。

炉心

 

 

今日のQT箇所:民数記22:41-23:12
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。