いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年02月19日

主は私たちの失望、痛み、疑いを聞かれる


今日のことば

詩篇77:1-3(新改訳)  私は神に向かい声をあげて、叫ぶ。私が神に向かって声をあげると、神は聞かれる。 苦難の日に、私は主を尋ね求め、夜には、たゆむことなく手を差し伸ばしたが、私のたましいは慰めを拒んだ。 私は神を思い起こして嘆き、思いを潜めて、私の霊は衰え果てる。セラ

コメント

人生の痛み、苦しみの中で私たちの失望、疑いなどが心からあふれても、神は私たちに失望したり、怒ったり、しません。正直な、生々しい感情や思いを受け取って、聞いてくださるのです。この詩篇の著者はまず、このことを心の底において、それから心を注ぎだします。「主は、いつまでも拒まれるのだろうか。もう決して愛してくださらないのだろうか。 主の恵みは、永久に絶たれたのだろうか。約束は、代々に至るまで、果たされないのだろうか。 神は、いつくしみを忘れたのだろうか。もしや、怒ってあわれみを閉じてしまわれたのだろうか」セラ」(7-9節)。真実の答えはわかっているが、「セラ(とどまって、考えてみなさい、静まって、心の中で思いめぐらしなさい)」と言っています。主は私たちの感情や気持ちをさげすみません。

炉心

 

今日のQT箇所:詩篇77:1-9
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。