いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年03月1日

死をも打ち破られた神に信頼する


今日のことば

2コリント1:9-10(リビングバイブルJCB) 死を覚悟し、自分の無力さを痛いほど思い知らされました。 しかし、それがよかったのです。 というのは、そんな状態の中で、何もかも神にお任せしたからです。死者を復活させることさえ、できるお方なのですから。やはり、神様は私たちを助け、恐ろしい死の危険から救い出してくださいました。 これからも、何度でも、救い出してくださるに違いありません。

コメント

パウロは死を覚悟するほどの大変な状況に直面した時に、自分に頼るのではなく、神に頼ることを覚えました。私たちはすぐに自分でできる、助けはいらないと思いがちです。しかし、主はいつも私たちの助け主として、働くことを願っています。そして、死というもっと強い敵でさえも、神は打ち負かせましたので、私たちはどんな状況の中にあっても、神に信頼することができるのです。死者をよみがえらせることができる神に完全に信頼しましょう。パウロは神に頼ることをこのように言っています。「しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです」(2コリント12:9-10新改訳)。

炉心

 

 

今日のQT箇所:2コリント1:1-11
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。