いのちのオアシス

バイブルビタミン

2015年03月14日

だれを王とするのか


今日のことば

ヨハネ19:14-15,19-20(新改訳)その日は過越の備え日で、時は六時ごろであった。ピラトはユダヤ人たちに言った。「さあ、あなたがたの王です。」 彼らは激しく叫んだ。「除け。除け。十字架につけろ。」ピラトは彼らに言った。「あなたがたの王を私が十字架につけるのですか。」祭司長たちは答えた。「カイザルのほかには、私たちに王はありません。」 ピラトは罪状書きも書いて、十字架の上に掲げた。それには「ユダヤ人の王ナザレ人イエス。」と書いてあった。それで、大ぜいのユダヤ人がこの罪状書きを読んだ。イエスが十字架につけられた場所は都に近かったからである。またそれはヘブル語、ラテン語、ギリシヤ語で書いてあった。

コメント

私たちはだれを王とするのか?イエスを王として拒むなら、だれを私たちの主権者とするのでしょう。イエス・キリストこそ王の王、主の主です。彼に着く者は「召された者、選ばれた者、忠実な者」(黙示録17:14参照)。パウロの告白宣言も私たちのものとしましょう。「神は祝福に満ちた唯一の主権者、王の王、主の主」(1テモテ6:13-16も参照)。

炉心

 

 

今日のQT箇所:ヨハネ19:12-22
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/newsub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。