いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年03月22日

備え主なる神との信頼関係


今日のことば
申命記8:2-3「あなたの神、主が、この四十年の間、荒野であなたを歩ませられた全行程を覚えていなければならない。それは、あなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。 3それで主は、あなたを苦しめ、飢えさせて、あなたも知らず、あなたの先祖たちも知らなかったマナを食べさせられた。それは、人はパンだけで生きるのではない、人は主の口から出るすべてのもので生きる、ということを、あなたにわからせるためであった。」

コメント
私たちは必要に直面するとき、神様の願いはただその肉体的、精神的必要を満たすことではなく、神様に対する信頼関係を養い強めることです。必要に直面するのは、私たちの心の中にあるものを表します。神のことばはその約束されたものと同じように確実なものです。ただ必要が満たされたことを経験するだけならば、次回の必要のときにまた不安があるかもしれませんが、神のことばの確実さを知り、信頼するなら、いかなる状況の中にあっても、備え主なる神様との関係を深めることができます。

炉心

今日のQT箇所:申命記8:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。