いのちのオアシス

バイブルビタミン

2012年04月10日

共にいて、導かれる主


今日のことば

出エジプト記13:21-22  (新改訳)「主は、昼は、途上の彼らを導くため、雲の柱の中に、夜は、彼らを照らすため、火の柱の中にいて、彼らの前を進まれた。彼らが昼も夜も進んで行くためであった。22昼はこの雲の柱、夜はこの火の柱が民の前から離れなかった。」

 

コメント

エジプトからの脱出と約束の地カナンへの旅はすべて主なる神の御心であり目的でありました。しかし、神は彼らをただエジプトから送り出したのではなく、彼らと共に、いや、彼らの前を行き、導かれました。後にモーセにも約束しました。「わたし自身がいっしょに行って、あなたを休ませよう。」(出エジプト記33:14)同じ主イエス・キリストは私たちを全世界に送り出した大宣教命令と共に約束しました。「見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。」(マタイ28:20新改訳)

 

炉心

 

 

 今日のQT箇所:出エジプト記13:11-22
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

 

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。