いのちのオアシス

バイブルビタミン

2013年04月10日

神様をどう見ているか


今日のことば

創世記42:28  彼は兄弟たちに言った。「私の銀が返されている。しかもこのとおり、私の袋の中に。」彼らは心配し、身を震わせて互いに言った。「神は、私たちにいったい何ということをなさったのだろう。」

コメント

ヨセフの兄弟たちは、神様(とヨセフ)の恵みと愛が見えませんでした。自分の罪と罪責感のゆえに、すべてを悪い方に、悪い方に取って行きました。私たちは神をどのように見ているでしょう。私たちの罪は私たちの神観をゆがめてしまいます。実は、「神様のあわれみは決してすたれない、ということです。  私たちが全滅しなかったのは、神様のあわれみのおかげです。23神様の真実は限りなく、その恵みは朝ごとに新しくなります。24神様こそ私の分け前なので、私は神様に望みを置きます。」(哀歌3:22-24リビングバイブル) 「こんなにすばらしい恵みに対して、いったい何と言ったらよいでしょう。 神様が味方なら、だれが私たちに敵対できるでしょうか。」(ローマ8:31リビングバイブル)神は常にすべてを働かせて益としてくださるのです。

炉心

 

今日のQT箇所:創世記42:21-28
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。