いのちのオアシス

バイブルビタミン

2012年04月19日

いのちのパン


今日のことば

出エジプト記16:21,31  (新改訳)「彼らは、朝ごとに、各自が食べる分だけ、それを集めた。日が熱くなると、それは溶けた。31イスラエルの家は、それをマナと名づけた。それはコエンドロの種のようで、白く、その味は蜜を入れたせんべいのようであった。」

 

コメント

主なる神は毎日イスラエルにいのちを支えるマナを与えました。その味も好ましく、蜂蜜のように甘く、コエンドロ(コリアンダー)の種のような味をしたというのです。それは、ちょっとスパイシーな柑橘類のような味でした(ゆず蜂蜜パン?)。イエスは言いました。「神のパンは、天から降って来て、世に命を与えるものである。」35「わたしが命のパンである。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者は決して渇くことがない。」(ヨハネ6:33,35)毎日、私たちの生活に必要ないのちを支える方であり、また私たちの人生に味気を与えてくださる方です。「イエス様、命のパンありがとうございます。」

 

炉心

今日のQT箇所:出エジプト記16:21-36
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27

 

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。