いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年04月28日

信仰と行い


今日のことば

ヤコブ2:14,17「わたしの兄弟たち、自分は信仰を持っていると言う者がいても、行いが伴わなければ、何の役に立つでしょうか。そのような信仰が、彼を救うことができるでしょうか。17信仰もこれと同じです。行いが伴わないなら、信仰はそれだけでは死んだものです。」

コメント

ヤコブとパウロは相反しているのでしょうか?(エペソ2:8-10;テトス3:5;ローマ4:5と対照)。パウロは、私たちは恵みのゆえに、信仰によってのみ救われている、行いによらないと言っています。でも、ヤコブは行いの伴わない信仰は死んでいるといっています。少しでも自分の行いによって救われているのでしょうか?決してそうではありません。私たちは一方的に、まったく、恵みのゆえに、信仰によって救われて義とされます。私たちの行いや業にこれっぽちもよりません。しかし、信仰によって義とされているなら、私たちの生き方が変わるはずです。良い行いが伴う(実として生じる)はずです。ヤコブとパウロは同じ恵みの救いを語っていますが、観点が少し違うだけです。良い行いによって救われませんが、良い行いのために救われた。

炉心

 

今日のQT箇所:ヤコブ2:14-26
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。