いのちのオアシス

バイブルビタミン

2014年07月3日

イエスの祈りの生活


今日のことば

マルコ1:35(リビングバイブル)翌朝、イエスは夜明け前に起き、ただ一人、人気(ひとけ)のない寂しい所へ行って祈られました。

コメント

イエスは神の子でありながら、人の子(人間)でもあり、父なる神に頼って生きていきました。祈りによって、父なる神と交わり、父の御心を聞き、何をすべきか、どこに行くべきか、何を言うべきかを受け取られました(ヨハネ5:19-20も参照)。弟子たちがイエスを捜してこられた時には「さあ、近くの別の村里へ行こう。そこにも福音を知らせよう。わたしは、そのために出て来たのだから」(1:38新改訳)と言いました。私たちの祈りも、ただ願い事を祈るのではなく、父なる神の御心と導きをいただくために祈りましょう。父なる神は私たちに語りたいのです。

炉心

 

 

今日のQT箇所:マルコ1:35-45
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。