いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年07月22日

イエス様の働きの本質


今日のことば

マタイ9:35-36(リビングバイブル)「イエスは、その地方の町や村をくまなく巡回され、ユダヤ人の会堂で教え、御国についてのすばらしい知らせをお伝えになりました。また、行く先々で、あらゆる病人を治されました。36  このように、ご自分のところにやって来る群衆をごらんになると、イエスの心は、深く痛みました。 彼らは、かかえている問題が非常に大きいのに、どうしたらよいか、どこへ助けを求めたらよいか、まるでわからないのです。 ちょうど、羊飼いのいない羊のように。」

コメント

イエス様の働きの本質は教えること、福音(良きおとずれ)を告げること、そしてあらゆる病気をいやすこと。使徒の働きにはこのように言っています。「よい働きをしながら、また悪魔に押えつけられている人々をことごとくいやしながら、巡回されました。」(使徒10:38)さらにヨハネはこのようにイエス様の働きをまとめました。「神の子が現われたのは、悪魔のしわざを打ちこわすためです。」(1ヨハネ3:8)私たちもキリストを信じ従う者として同じ使命を持っています。

炉心

 

今日のQT箇所:マタイ9:27-38
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。