いのちのオアシス

バイブルビタミン

2014年08月20日

むりやりの十字架


今日のことば

マルコ15:21(リビングバイブル)途中、ちょうど、田舎から来合わせていたクレネ人のシモンという男に、むりやりイエスの十字架を背負わせました〔シモンは、アレキサンデルとルポスの父親です〕。

コメント

イエスは言いました。「だれでもわたしについて来たいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい。」一般的にこれは私たちの決断にかかっていると思うのですが、時には、私たちの選択や決断にかかわらず、むりやりに十字架を負わせられることもあります。その時に私たちはどう反応するのでしょうか?十字架を憎み、のろいますか?それとも、その十字架によって今まで知らなかったイエスに出会いますか?実はこの出会いを通して、シモンだけではなく、その子供まで影響があったようです。ローマ16:13に記録されているルポスはこのシモンの息子だと言われています。

炉心

 

 

今日のQT箇所:マルコ15:16-23
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。