いのちのオアシス

バイブルビタミン

2013年08月31日

恵みはただですが、無代価ではありません


今日のことば

ピレモン1:25(新改訳)「主イエス・キリストの恵みが、あなたがたの霊とともにありますように。」

コメント

パウロの代表的閉めのことば。しかし、ただの挨拶ではなく、意味の込めた祈りと願いです。ピレモンの手紙は恵みの実践の呼びかけです。ピレモンがイエスキリストから、また、パウロから恵みを受けたように、こんどは、泥簿であり、逃げ出した奴隷であるオネシモを赦し、兄弟として受け入れる恵みを流すように呼びかけられています。恵みはただで受けるものですが、無代価のものではありません。受ける人にとってはただです。しかし、与える者にとっては代価が伴います。私たちは救いの恵みをただで受けましたが、そのためにイエス・キリストはとってとてつもない代価を払われました。同じように、私たちも他の人に恵みを流すためには私たちに代価が求められます。しかし、私たちも主イエスキリストの恵みを受けたものとして、恵みを流すものにならなければなりません。(1ペテロ4:10も参照。)

炉心

 

今日のQT箇所:ピレモン15-25
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。