いのちのオアシス

バイブルビタミン

2011年09月29日

集団的、代表的罪


今日のことば

レビ記4:13 (新改訳)「また、もしイスラエルの全会衆があやまちを犯した場合、集団はそのことに気づかなくても、主がするなと命じられたことの一つでも行なって、罪に定められる場合には、4:22上に立つ者が罪を犯し、その神、主がするなと命じたすべてのうち一つでもあやまって行ない、罪に定められた場合、」

コメント

罪といいますと普段個人的な罪しか思い浮かべないでしょうが、神様の前では、集団的、また、代表的に罪がおかされる可能性もあります。私たちは罪を犯すときに自分自身だけではなく私たちの下いいる者、周りの者にも影響が及びます(家族、部下、かかわるすべての者)。しかし、キリストの身代わりの、贖いの死と流された血は、すべての人のすべての罪のためのものでありました。「この方こそ、私たちの罪のための、・・私たちの罪だけでなく全世界のための、・・なだめの供え物なのです」。(1ヨハネ2:2)(ヘブル2:17も参照)いかなる罪の赦しときよめを有効にし、私たちに適応するには、悔い改めと赦しをいただく必要があります。(1ヨハネ1:9参照)

 

炉心

 

今日のQT箇所:レビ記4:13-26
(自分の感想と思いを書いてみましょう。)
リビングライフQTのHP: http://japan.cgntv.net/sub.asp?pid=27
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。