いのちのオアシス

4月19日(火)


現在、物資が皆さまのご好意によって、続々と集められています。

多くの方が教会HPや看板から情報を得て、沢山の物を持ち込んでくださっています。皆様の愛を心から感謝いたします。

大牟田トータルクリスチャンチャーチにも沢山の物資が届けられています。

毎日おにぎりを届けてくださる近隣の方、支援を知って幼稚園の保護者でクッキー等作るなど知恵を出し合ってくださる方、近隣学校のPTAの方々、病院関係の方々、私たちが想定もしていなかった範囲にまで支援の輪が広がっています。

写真 2016-04-19 21 17 17
写真 2016-04-19 21 16 04 IMG_0254

IMG_4522

 

また心温まる一言や心遣いに、とても励まされています。写真 2016-04-19 14 15 59
写真 2016-04-19 21 44 02

 

 

また、義援金につきましても、本当に多くの方が送ってくださっています。

個人で送ってくださった方、教会や団体を通して送ってくださった方、本来ならばお一人お一人にお礼を申し上げたいところですが、現状にてご理解ください。

本当に、本当にありがとうございます。皆様の愛を必ず被災地へお届けいたします。

 

義援金につきましては、主に現地のニーズがあっても物資としては集めることができない大物物資を中心に、こちらで手配し搬送しています。

今日までに、発電機、投光器、高圧洗浄機、ガソリン用携行缶などを皆様の義援金の中から、現地に届けています。

IMG_0259 IMG_1268 写真 2016-04-20 1 00 27 写真 2016-04-20 1 04 18 写真 2016-04-20 0 52 21

また、毎日荒尾と大牟田からの物資搬送を行うための運用資金として用いさせていただいております。

 

物資をくださる方、義援金を送ってくださる方、みなさんはすでに、この支援チームの一員です。

心より感謝すると同時に、支援はまだまだ続きます。まだまだ沢山の必要があります。

引き続き、物資、義援金のご協力をお願いいたします。

 

 

それから、皆様にお願いがあります。

 

「今なにが必要なのか。」

 

私たち含め、今、皆さんが一番知りたいことでもあると思います。

特に、物資に関しては、日々被災地のニーズが変わってきています。

私たちも現地からの必要物資の情報収集を行い、発信していきますが、「そのときそのときでニーズが変わる」ということを是非ご理解ください。

現地のライフラインが整い始めると、物よりもがれき撤去や片付けなどに沢山の人手も必要になります。

実際、私たちはボランティアのプロではありません。私たちにとっても初めてのことです。

私たちの今の役目は、ニーズに合わせた必要な物資を集める事、そして、できるだけタイムリーに活動拠点までそれを届ける事です。

現地ではボランティアのプロの団体の判断と指揮によって、避難所や支援の届いていない地域へ届けたり、必要な作業を行っています。

時には情報が交錯してしまったり、ご厚意を受け付けることができないこともあるかと思いますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

 

また、明日以降のおにぎりについては、一旦受付を終了いたします。

土曜日から4日間、沢山のおにぎりを送ることができたのは皆様のご協力があればこそでした。

本当にありがとうございました。

お米に関しては引き続き受け付けますので、よろしくお願いいたします。

 

4/21以降の募集物資を変更しますので、ご協力お願いいたします。

写真 2016-04-20 8 03 28

 

今日も沢山の物資を、市内や益城町に届ける事ができました。

 

写真 2016-04-19 12 45 49

写真 2016-04-19 12 45 57

 

熊本では余震もまだ続いています。

こちらでもまだ体に感じる地震が一日に何度もあります。

 

明日も、自分に今できることは何か、考えながら被災地へ皆様の愛を運んでいきます。

 

被災地の方々の心と体と思いとが守られ、神様の愛で覆われますように。

支援してくださる皆様の上にも神様の恵みがありますように。