いのちのオアシス

4月23日(土)


今日も昨日に引き続き、南阿蘇への支援に向かいました。
IMG_1365 IMG_1366 IMG_1378 IMG_1385

 

今日は地元民生委員の方のお宅にもお邪魔したのですが、地震のときは、写真で倒れているタンスの真下に寝ておられたそうで、とっさに布団をかぶったのと隙間との間に入って、奇跡的に無傷だったそうです。

IMG_1363IMG_1376

色々とお話している間に、私たちの働きを知って、是非あなたがたにこの南阿蘇を支援してほしいということで、今後、行政の支援とともに九州キリスト災害支援センターが正式にその働きの中核を担っていくことになりました。

IMG_1370

 

さて、明日はセンターからの要請により、熊本市江津湖団地へ炊き出しの支援を行うことになりました。そこは、特にお年寄りが多く住まわれている地域で、建物などへの被害自体は少ないのですが、地震の影響で買い物なども思うようにできず、大変困られているとのこと。

九州キリスト災害支援センターでは、こういった支援の行き届いていないところを見つけ出して、そこに必要な支援を届けていくという役割も担っています。

写真 2016-04-23 23 46 00

準備するのは300食以上。メニューは豚汁とおにぎりです。

炊き出しを行うのは初めての経験です。

当教会と大牟田クリスチャンチャーチの婦人の方々の尽力で、今日はできるところまで準備、仕込みをしています。

IMG_1350
IMG_1388 IMG_1389

この手際の良さは毎年の秋祭りで培われた賜物でもあります。

それが、こういう機会に用いられるとは・・・。

これらを主に指揮するのは、当教会の調理師2人。

彼女たちがいなければ、毎年の秋祭りの屋台はもちろん、今回の炊き出しを引き受ける事も到底出来なかったでしょう。

写真 2016-04-23 19 09 20

そして、地域の方の全面バックアップと大牟田トータルクリスチャンチャーチの協力で、明日、おにぎりを(1人当たり2個の予定)一緒に届けます。

写真 2016-04-23 23 46 05

 

今日はまず要となる必要機材一式を送り出したのですが、自分たちで言うのもおかしいですが、ちょっと業者のようでした。

写真 2016-04-23 15 40 42

IMG_1355

 

主の導きと助けを祈りつつ、送り出します。

IMG_1354

 

 

また、昨日、嬉しい知らせが届きましたので紹介します。

それは、東京からこちらへ水を送ってくださった方からのメールでした。

以下、メールより抜粋。

 

「先ほど、お水を受け取った方から昨日の雨の中、水をうちまで届けてくれた!とにかく水がなくてすごく困っていた。ありがたや… ありがたや…というお電話を頂きました。

宅配便の送り状が住所と名前は雨でぬれて見えなくなっていたものの電話番号はなんとか見えたとのことでわざわざお電話を下さいました。

こちらもとてもうれしくなりました。私達の代わりに行ってくださって本当にありがとうございます!

そして尊いご奉仕ありがとうございます!ご奉仕してくださるお一人お一人の安全が守られますようにこちらからお祈りさせていただきます。」

 

支援の輪は広がっているだけではなく、つながっているのだなぁと強く感じました。

今日も守られ感謝します。明日も主の導きの中を歩めますように。