いのちのオアシス

7月2日(土)


今日は、益城へ引っ越し支援に行きました。

KBI(関西聖書学院)からのメンバーとともに作業を行うことができました。
メンバーが沢山がいたので、手分けしてとてもスムーズに作業できました。

写真 2016-07-03 9 32 58 写真 2016-07-03 9 32 59 写真 2016-07-03 9 33 01
写真 2016-07-03 9 33 03 写真 2016-07-03 9 33 05 写真 2016-07-03 9 33 09 写真 2016-07-03 9 33 10 写真 2016-07-03 9 33 14 写真 2016-07-03 9 33 15
写真 2016-07-03 9 36 22

 

今日は、地震で倒れた墓石を起こす作業もしました。

地震後なかなか手が回らず、そのままになってしまっていたそうですが、ようやく対応でき、とても安心された顔をされていました。

とても重たく、男数名でも大変なほどでした。

写真 2016-07-03 9 32 49

 

また、益城町の再春館ヒルトップに避難所として設営されたテントの解体も行いました。
ヒルトップには19世帯56人(ペット29匹)の方が避難されていましたが、7月10日で閉鎖されることになっています。

image image

すでにほとんどの方が退去されており、いくつかのテントの解体を行いました。
image

実際に避難所として用いられていましたが、テント内はかなりの湿気と高温で、これからの季節はかえって危険だと身を持って体感しました。

ただ、中にはやむなく車中泊に戻られる方もいると聞きます。

色んな思いを抱えながら、作業を進めました。

 

 

支援の内容は、ニーズに合わせているので、どんどん多様化しています。

ですが、これからもできるだけ支援依頼の声に対応できるようにしていきたいと思います。