いのちのオアシス

バイブルビタミン

2016年09月12日

信仰によって義とされる目的


今日のことば

ローマ4:13,16(新改訳) というのは、世界の相続人となるという約束が、アブラハムに、あるいはまた、その子孫に与えられたのは、律法によってではなく、信仰の義によったからです。16  そのようなわけで、世界の相続人となることは、信仰によるのです。それは、恵みによるためであり、こうして約束がすべての子孫に、すなわち、律法を持っている人々にだけでなく、アブラハムの信仰にならう人々にも保証されるためなのです。「わたしは、あなたをあらゆる国の人々の父とした。」と書いてあるとおりに、アブラハムは私たちすべての者の父なのです。

コメント

信仰によって義とされたのは、ただ、罪が赦された、神の前に正しいものと立つためだけではなく、もっと大きな神の計画に私たちを取り入れるためであり、創造の初めからの神の計画を完成させるためのものです。「死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神」は私たちのうちにも働いています。(ローマ4:17参照)。

 

炉心

 

 

今日のQT箇所:ローマ4:8‐17
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
biblevitamin@ariakebc.jp にお申し込みください。