いのちのオアシス

バイブルビタミン

2017年05月18日

忠実な者の報い


今日のことば

民数記4:24,33 ゲルション人諸氏族のなすべき奉仕とそのになうものに関しては次のとおりである。33 これが会見の天幕でのすべての奉仕に関するメラリ諸氏族の奉仕であって、これは祭司アロンの子イタマルの監督のもとにある。

コメント

レビ人はその諸族によって与えられた責任がありました。ケハテ族は幕屋の家具(民数記4:4-15参照)、ゲルション諸民族は幕屋の幕、垂れ幕や庭の掛け幕などを管理し、運ぶ責任が与えられてました(民数記4:25-26参照)。マラリ諸民族は幕屋の建具、板や柱などを管理し運ぶ責任が与えられていました(民数記4:31-32参照)。会見の幕屋からソロモンの神殿に代わって幕屋を移動させる必要がなくなった時に、ダビデはレビ人に新しい役割と責任を当てました。それはつかさやさばきつかさ(管理者、裁判官)となり、門衛、音楽家などの働きに任じられました(1歴代誌23:4-6;25-26参照)。イエスも、わずかな責任を忠実に果たす者には、もっと大きな責任がまかされますと言われました。「その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ』」(マタイ25:21新改訳;ルカ19:17も参照)。

炉心

 

 

今日のQT箇所:民数記4:21-33
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
 
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。