いのちのオアシス

バイブルビタミン

2017年08月14日

神の国の優越性


今日のことば

イザヤ2:2-3(新改訳) 終わりの日に、主の家の山は、山々の頂に堅く立ち、丘々よりもそびえ立ち、すべての国々がそこに流れて来る。3 多くの民が来て言う。「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。私たちはその小道を歩もう。」それは、シオンからみおしえが出、エルサレムから主のことばが出るからだ。

コメント

新約において、エルサレムとシオンの山は教会を指しています(へブル12:22-24参照)。山は国(王国)を現しています。主の山はすべての山々の頂に堅く立つことは神の国がすべての国々を治めることを言ってます。世の終わりを告げる最後のラッパ(黙示録の七つ目のラッパ。)の時にすべてが完成します。「第七の御使いがラッパを吹き鳴らした。すると、天に大きな声々が起こって言った。「この世の国は私たちの主およびそのキリストのものとなった。主は永遠に支配される」(黙示録11:15新改訳)このために私たちが祈るようにイエス様が教えてくださいました。「御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように」(マタイ6:10新改訳)。そして人々に呼び掛けて誘いましょう。「さあ、主の山、ヤコブの神の家に上ろう。主はご自分の道を、私たちに教えてくださる。私たちはその小道を歩もう。」

炉心

 

 

 

今日のQT箇所:イザヤ2:1-11
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。