いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年05月28日

絶望の時にだれに呼ばわりますか


今日のことば

詩篇88:1-3(新改訳) 主、私の救いの神。私は昼は、叫び、夜は、あなたの御前にいます。私の祈りがあなたの御前に届きますように。どうか、あなたの耳を私の叫びに傾けてください。私のたましいは、悩みに満ち、私のいのちは、よみに触れていますから。

コメント

この詩篇の著者はヘマンとなってますが(口語訳など参照)、実はこのヘマンは預言者サムエルの孫であり、ダビデの幕屋の賛美の指導者のひとりでした。しかし、だれであれ、人生の暗闇や絶望をいつかは体験します。その時にだれに頼り、だれに心を注ぎだして、呼びかけるのか。ヘマンは「私の救いの神」に呼び求めています。ダビデもそのようなときに同じように、救いの神に叫び求めました。「どうか、御顔を私に隠さないでください。あなたのしもべを、怒って、押しのけないでください。あなたは私の助けです。私を見放さないでください。見捨てないでください。私の救いの神」(詩篇27:9新改訳)。ハバククにはすべてを失って、絶望的な時にも、救いの神に身を寄せるように言ってます。「そのとき、いちじくの木は花を咲かせず、ぶどうの木は実をみのらせず、オリーブの木も実りがなく、畑は食物を出さない。羊は囲いから絶え、牛は牛舎にいなくなる。 しかし、私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう」(ハバクク3:17-18新改訳)。

炉心

 

今日のQT箇所:詩篇88:1-18
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP:
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php
バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。