いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年06月2日

絶えず祈りなさい


今日のことば

使徒の働き1:14 (新改訳) この人たちは、婦人たちやイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちとともに、みな心を合わせ、祈りに専念していた。

コメント

キリスト者として、教会として、祈りは最も中心的なものでなければなりません。イエスは天に上る前に弟子たちに、エルサレムに戻り、聖霊の力を受けるのを待つように指示しました(使徒1:4,8;ルカ24:49参照)。彼らは祈りをもって待ち望んでいました。教会の始まりも祈りが重要で、中心的でした(使徒2:46,49;4:24-31など参照)。祈りとは私たちの願いを主に話すものだけではなく、主の声、主の心を聞くものです。祈りは神様と交わり、心を通わせ、会話をするものです。祈りの時を定めることも大事ですが、一日の歩みの中で、常に、主と会話をすることも祈りです(ローマ12:12;コロサイ4:2;1テサロニケ5:17参照)。主は私たちの心を聞きたいです。また、私たちに、主の心を伝えたいのです。それが祈りです。

炉心

 

今日のQT箇所:使徒の働き1:12-26
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。