いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年07月18日

外国の神


今日のことば

使徒の働き17:18,22-23(新改訳)  エピクロス派とストア派の哲学者たちも幾人かいて、パウロと論じ合っていたが、その中のある者たちは、「このおしゃべりは、何を言うつもりなのか。」と言い、ほかの者たちは、「彼は外国の神々を伝えているらしい。」と言った。パウロがイエスと復活とを宣べ伝えたからである。22 そこでパウロは、アレオパゴスの真中に立って言った。「アテネの人たち。あらゆる点から見て、私はあなたがたを宗教心にあつい方々だと見ております。 23 私が道を通りながら、あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、『知られない神に。』と刻まれた祭壇があるのを見つけました。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、教えましょう。

コメント

パウロは当時の世界の哲学と宗教の中心であったアテネの町に来ました。パウロはイエス・キリストとその福音をここでも語りました。しかし、これを聞いた者は「彼は外国の神々を伝えているらしい。」と言い出しました。どこに行っても、イエス・キリストは「外国の神」と決めつけられるのです。しかし、実は、このアテネでパウロが語ったように、イエス・キリストは彼らの見知らぬ神であったとしても、この方こそ世界の造り主であり、すべての文化と国々の人々の救い主(救世主)である。パウロは彼らの知っている、理解できるところから始まって、イエス・キリストの福音を語り伝えたのです。「外国の神」といわれても、それはただ、彼らの見知らぬ神であり、今まで、知らなかったとしても、かかわってこられた神である。 イエス・キリストはすべての国々のすべての文化の神である。

炉心

 

今日のQT箇所: 使徒の働き17:16-23
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。