いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年08月30日

神の臨在に出会う


今日のことば

1歴代誌13:12-14(リビングバイブルJCB) あまりのことに、ダビデは主を恐れ、「どうして神の箱を私のもとに運ぶことなどできようか」と言いました。13 それで、それをダビデの町に持ち帰ることをあきらめ、ガテ人オベデ・エドムの家に置くことにしました。14 神の箱は、三か月間オベデ・エドムの家に置かれていました。  その間中、主はオベデ・エドムとその家族を祝福なさいました。

コメント

ダビデは神と神の臨在を慕って、そのもっとも代表的な象徴である契約の箱をダビデの町に持ち帰ろうと試みていました(1歴代誌13:1-8参照)。しかし、神の教えと指示に基づいてではなく、人間的な方法でそれをなそうとしました(ペリシテ人のやり方をまねた)。その日の悲劇の結果、契約の箱はオベデ・エドムという名の外国人(ガテ出身のペリシテ人)の家に一時保管することになりました。最初は彼の気持ちはどうであったでしょうか?しかし、この出来事を通して、彼は神の臨在を体験し、神の礼拝者となるのです。最終的にダビデの幕屋に持っていかれた時にはオベデ・エドムは共にのぼり、幕屋、そして神の家の門番となり、礼拝者となりました(1歴代誌15:24-25;16:5など参照)。神の臨在に触れるときに私たちは変えられます。神の臨在を愛し、慕うものとなりましょう。

炉心

 

今日のQT箇所: 1歴代誌13:9-14
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。