いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年09月3日

心から礼拝する者か、心から礼拝するものをさげすむ者か


今日のことば

1歴代誌15:27-29(新改訳) ダビデは白亜麻布の衣を身にまとっていた。箱をかつぐすべてのレビ人、歌うたいたち、荷物係長ケナヌヤ、歌うたいたちも、同様であった。ダビデは亜麻布のエポデを着けていた。 28 全イスラエルは、歓声をあげ、角笛、ラッパ、シンバルを鳴らし、十弦の琴と立琴とを響かせて、主の契約の箱を運び上った。 29 こうして、主の契約の箱はダビデの町にはいった。サウルの娘ミカルは、窓から見おろし、ダビデ王がとびはねて喜び踊っているのを見て、心の中で彼をさげすんだ。

コメント

ダビデは契約の箱をエルサレムに上らせることを喜び、全イスラエルと共に主を礼拝しあがめました。契約の箱を担ぎ、また、賛美を指導していたのはレビ人たちでした。神の礼拝の奉仕にあたるときには彼らは白亜麻布の衣をまといました。ダビデも同じく白亜麻布をまとって力の限り礼拝しました。それは目立つためではなく、礼拝者のレビ人と一つとなるためでした。しかし、それを見た、妻であったサウルの娘ミカエルは彼をさげすんだ。王らしくないと批判しました(2サムエル6:21-22も参照)。 私たちは心から主を礼拝する者でしょうか、それとも、心から礼拝するものをさげすむ者でしょうか。

炉心

 

今日のQT箇所: 1歴代誌15:25-29
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。