いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年11月13日

神のみことばが評価の基準


今日のことば

2歴代誌 13:10,12(新改訳)  しかし、私たちの場合は、主が私たちの神である。私たちはこの方を捨てなかった。また、アロンの子らである祭司たちが主に仕えており、レビ人が仕事をしている。12 見よ。神は私たちとともにいて、かしらとなっておられる。また、神の祭司たちも私たちの側におり、合図のラッパを手にして、あなたがたに対し進撃の合図を吹き鳴らそうとしている。イスラエル人よ。あなたがたの父祖の神、主と戦ってはならない。とうてい勝ち目はないからである。」

コメント

ユダの王アビヤはイスラエルとその王ヤロブアムに主に立ち返り自分たちの悪事と偶像礼拝から離れるようにチャレンジしました。しかし、問題はアビヤ王自身が正しい心で主に従っていたわけではありません(1列王記15:3参照)。アビヤは神の前で、自分の生き方と人生がさばかれます。しかし、彼がヤロブアムに言っていることは正しいのです。私たちに語られることばの正しさはメッセンジャーの生き方で評価するのではなく、神のみことばに照らして判断しなければいけません。しかし、また私たちがどんなに正しいことを語っていても、私たちは自分の生き方と行いに従って、神の前でさばかれます。神が用いる器はどんなものであれ、神のことばを聞き、受け取る心を持ちましょう。

炉心

 

今日のQT箇所: 2歴代誌13:1-12
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。