いのちのオアシス

バイブルビタミン

2018年12月19日

感謝しない高慢


今日のことば

2歴代誌 32:24-26(リビングバイブルJCB)   そのころ、王は重い病気にかかりましたが、  彼が主に祈た時,奇蹟的に治りました。25  ところが、彼は思い上がって、心からの感謝と賛美を神にささげませんでした。  たちまち、神の怒りが、王とユダ、エルサレムに下りました。26  そこで、王とエルサレムの住民は、高慢の罪を悔い改めて、神様の前に謙そんになったので、主の怒りは去り、ヘゼキヤの在世中、二度と主の怒りは臨みませんでした。

コメント

高慢は怖いものです。いろいろな顔があります。ヘゼキヤ王は主から奇跡的なしるしをいただき、重病がいやされました。しかし、「彼は思い上がって、心から感謝と賛美を神にささげませんでした。」いわゆる、自分が神のためにやってきたことの当然の報いだと考えたのでしょうか。その結果、神の怒りを体験しただけではなく、彼の残りの生涯も、その高慢な心に左右されて悪い判断も生じました。後の子どもにまで悪い影響を及ぼしました。私たちのあるすべてはただ神の恵みによるものであり、与えられているすべては神の御手と祝福からくるものであることを決して忘れてはなりません。「あなたには、何か、もらったものでないものがあるのですか。もしもらったのなら、なぜ、もらっていないかのように誇るのですか」(1コリント4:7新改訳)。 「ところが、神の恵みによって、私は今の私になりました」(1コリント15:10新改訳) 。「あなたがたは、恵みのゆえに、信仰によって救われたのです。それは、自分自身から出たことではなく、神からの賜物です」(エペソ2:8新改訳)。

炉心

 

今日のQT箇所: 2歴代誌32:24-33
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。