いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年01月1日

神の安息のリズムに生きる


今日のことば

2歴代誌 36:21(新改訳) これは、エレミヤにより告げられた主のことばが成就して、この地が安息を取り戻すためであった。この荒れ果てた時代を通じて、この地は七十年が満ちるまで安息を得た。

コメント

神の民(ユダの国)は主に背を向けて、他の神々に仕え、神の道から離れて生きていました。その象徴的なことの一つは神の安息の原理に生きていなかったことでした。安息日のほかに、安息の年も命じられていました(レビ記25:4‐6;26:34‐35参照。)繰り返し繰り返し神に立ち返る、神の呼びかけを無視して、最終的に神はバビロンの捕囚をもって彼らは裁かれました。その期間は70年とエレミヤを通して宣言されましたが(エレミヤ25:11‐12参照)、これは偶然の数字ではなく、彼らが490以上神の安息の年を守らなかったことから来ました(70年分の7年に一年の合計)。神は安息の神であり、神ご自身が安息を守られました(創世記2:2‐3参照)。私たちにも安息を与え、安息をとること、また、キリストの安息にあずかることを教えています。体を、心と魂を休めることは贅沢ではなく、神の定めです。守らなければいずれ、休息が余儀なくとらせられることになるでしょう。新しい年において、神の安息のリズムを生活に取り入れましょう。私たちの人生に、また周りにも神の安息をもたらすことになります。「また言われた。「安息日は人間のために設けられたのです。人間が安息日のために造られたのではありません。 人の子は安息日にも主です」(マルコ 2:27‐28新改訳)

キリストの安息を体験できる良い年となりますように。

炉心

 

今日のQT箇所: 2歴代誌36:11‐23
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。