いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年03月12日

メルキゼデクの祭司制度


今日のことば

へブル 7:1-3(リビングバイブルJCB)  メルキゼデクは、サレムの町の王で、非常に高貴な神の祭司でした。 アブラハムが多くの王たちとの戦いに勝って凱旋した時、メルキゼデクは出迎えて祝福しました。2  その時アブラハムは、戦利品の十分の一をメルキゼデクに差し出しました。  メルキゼデクという名前の意味は「正義」であり、サレムという町の名は「平和」を意味していました。 ですから、彼は正義の王であり、平和の王です。3  メルキゼデクには父も母もなく、先祖の記録もありません。 また誕生も死もなく、そのいのちは、神の子のいのちに似ています。 それゆえ、彼は永遠に祭司なのです。

コメント

メルキゼデクは一度だけ旧約聖書に出現された不思議な人物です(創世記14:18-20参照)。正義の王、平和の王、系図もなく、始まりも終わりもない方、永遠の祭司であった。これらの条件を満たすのはキリストの他にはいません。これを旧約におけるキリストの出現(Theophany神の顕現)です。私たちはキリストにあって、子とされ、共同相続人とされました。そして、私たちも、王である祭司とも呼ばれています(1ペテロ2:9; 黙示録5:10参照)。ゆえに、私たちはキリストにあって旧約のレビ祭司制度ではなく、永遠のメルキゼデク祭司制度に属するものとされました。キリストは大祭司であり、私たちはその祭司たちです。キリストの下で、人生の中にあって、王として支配する者とされました。また、祭司として、神と人に仕えるものとされました。与えられたその役割を誠実に果たしましょう。

炉心

 

今日のQT箇所: へブル7:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。