いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年03月16日

良心をも完全にきよめるあがない


今日のことば

へブル 9:7,9(新改訳) 第二の幕屋には、大祭司だけが年に一度だけはいります。そのとき、血を携えずにはいるようなことはありません。その血は、自分のために、また、民が知らずに犯した罪のためにささげるものです。 9 この幕屋はその当時のための比喩です。それに従って、ささげ物といけにえとがささげられますが、それらは礼拝する者の良心を完全にすることはできません。

コメント

旧約聖書のモーセの幕屋は非常にすばらしい輝かしいものでしたが、それはただ真の天の幕屋において私たちのためのキリストの贖いの働きを指す比喩、ひな型にすぎませんでした。それは一時的に神の前でその罪をおうことしかできませんでした。人の罪を取り消し、洗い清めることはできませんでした。そして人の心の良心をきよめ、とがめられない良心にすることができませんでした。キリストのあがないだけが、なだめの供え物となりました(1ヨハネ2:2参照)。「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです」(1ヨハネ 4:10 新改訳)。私たちにきよい良心を与えてくれます。

炉心

 

今日のQT箇所: へブル9:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。