いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年04月16日

聖餐式の意味と意義


今日のことば

ルカ 22:15(新改訳)  イエスは言われた。「わたしは、苦しみを受ける前に、あなたがたといっしょに、この過越の食事をすることをどんなに望んでいたことか。

コメント

イエスはご自分の苦難と贖いの働きが近づいているのを知っていました。過越しの小羊が自分を指していて、そのことを果たさなければならないことを理解していました。そこで、神の小羊としてほふられる前に弟子たちと共にこの過越しの食事を共にし、その意味と意義を伝えました。自分の体といのちをささげ、その血をあがないのために流しました。ここで、過越しの食事と共に食べるパンはご自分の体を現し、またここで飲まれた杯はご自分の流される契約の血であると伝えました。そして、これからはこのパンを共に食べ、この杯を飲むたびに「わたしを覚えてこれを行いなさい」と教えました。イエス・キリストの血によって罪が赦され、きよめられるだけではなく、キリストの体としての交わり、永遠のいのちをいただいていることもこの意味に含まれています。聖餐式にあずかるたびにこのことを思い起こし、感謝し、その新しい契約のすべての恵みにあずかっていることを覚えましょう。

炉心

 

今日のQT箇所: ルカ22:14‐23
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。