いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年08月16日

指導者も、一般の人も罪の贖いが必要


今日のことば

レビ記 4:22-23, 27-28(リビングバイブルJLB) 指導者のだれかがあやまって罪を犯し、神の法律に背いた場合は、23 罪に気づきしだい、傷のない雄やぎをいけにえとして引いて来なさい。27 一般人も、あやまって罪を犯せば、有罪だ。28 それに気づいたらすぐ、罪の償いとして傷のない雌やぎを引いて来なさい。

コメント

指導者であっても、一般の人であっても罪のあがないと赦しが必要です。自分の地位や努力は全く無効です。罪のあがないと赦しに有効なのはなだめの供え物だけです。「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができず、 24 ただ、神の恵みにより、キリスト・イエスによる贖いのゆえに、価なしに義と認められるのです。 25 神は、キリスト・イエスを、その血による、また信仰による、なだめの供え物として、公にお示しになりました。それは、ご自身の義を現わすためです。というのは、今までに犯されて来た罪を神の忍耐をもって見のがして来られたからです」(ローマ 3:23-25新改訳)。

炉心

 

今日のQT箇所: レビ記4:22-35
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。