いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年08月27日

大祭司の祝福


今日のことば

 レビ記9:22(リビングバイブルJCB) それから民に向かって両手を上げ、彼らを祝福し、罪の赦しのためのいけにえ、焼き尽くすいけにえ、和解のいけにえをささげて祭壇から降りました。

コメント

アロンとその息子たちは祭司となるためのいけにえと儀式をすべて終えました。しかし、これは何回も常に繰り返されなければなりませんでした。ところが、私たちの大祭司であるイエスはご自分の死をもってたった一度のいけにえを捧げ、私たちの贖い、きよめと永遠の祝福を得られました。「11 キリストは、すでに私たちのものとなった、すぐれた制度の大祭司として来られました。そして、人間やこの世の手を借りる必要のない、さらに偉大で完全な、天の幕屋に入られました。 12 しかも、ただ一度、血を携えて至聖所に入り、それを「恵みの座」にふりかけました。それはやぎや子牛の血ではなく、ご自分の血でした。キリストは自らそうすることによって、私たちの永遠の救いとなる贖い(身代わりによって罪を赦し、救い出すこと)を成し遂げられたのです。」(へブル9:11-12リビングバイブルJCB;13-28も参照)。アロンは大祭司としてまず最初にされたのはイスラエルの民を祝福することでした。大祭司の祝福のことは民数記に記載されています。「アロンとその子らに告げて言え。あなたがたはイスラエル人をこのように祝福して言いなさい。 24 『主があなたを祝福し、あなたを守られますように。 25 主が御顔をあなたに照らし、あなたを恵まれますように。 26 主が御顔をあなたに向け、あなたに平安を与えられますように。』 27 彼らがわたしの名でイスラエル人のために祈るなら、わたしは彼らを祝福しよう」(民数記6:23-27新改訳)。イエスはさらに優れた祝福を持って私たちを祝福されます。「私たちの主イエス・キリストの父なる神がほめたたえられますように。神はキリストにおいて、天にあるすべての霊的祝福をもって私たちを祝福してくださいました」(エペソ1:3新改訳)。

炉心

 

今日のQT箇所: レビ記9:15-24
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。