いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年08月28日

神の聖と神の愛


今日のことば

レビ記10:1-3(リビングバイブルJCB) さて、アロンの子ナダブとアビフは、自分の香炉に神聖でない火を盛り、香をくべ、主の前にささげました。これは主の命令に反することでした。 2 たちまち主の前から火が吹き出し、二人を焼き殺してしまいました。 3 「『わたしに近づく者によってわたしのきよさを現し、すべての人々の前で栄光を現す』と主が言われたのは、こういうことなのだ」と言うモーセのことばに、アロンはただ黙ってうなだれるだけでした。

コメント

前の章でアロンとその息子の任命式の最後に、神の火が祭壇のささげ物を焼き尽くして絶やしてはいけない神の神聖な火が灯されました(レビ記9:24参照)。祭司たちはこの火をもって神に近づかなければなりませんでしたが、この二人(ナダブとアビフ)は別の神聖でない火をもって神の前に出ようとしました。9-10節を考量すると彼らはたぶん酒にもよっていたと考えられます。神の怒りは、不正や聖ではないものに対する神の聖の現れです。神は完全な愛でありながら、完全な聖でもあられます。神の愛と聖は十字架において完全に和解します。神は完全な正義であられるので罪を必ずさばかなければなりません。しかし、同時に、完全な愛なので、私たちに和解と救いの道をも与えてくれます。十字架においてこの両方が完全に満たされました。「16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。 36 御子を信じる者は永遠のいのちを持つが、御子に聞き従わない者は、いのちを見ることがなく、神の怒りがその上にとどまる」(ヨハネ3:16,36新改訳)

炉心

 

今日のQT箇所: レビ記10:1-11
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。