いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年09月6日

聖霊の油注ぎ


今日のことば

レビ記14:26-29(新改訳)  祭司はその油を自分の左の手のひらにそそぐ。27 祭司は右手の指で、左の手のひらにある油を、主の前に七たび振りかける。28 祭司はその手のひらにある油をきよめられる者の右の耳たぶと、右手の親指と、右足の親指に、すなわち罪過のためのいけにえの血と同じところにつける。 29祭司はその手のひらにある残りの油をきよめられる者の頭の上に塗り、主の前で彼のために贖いをする。

コメント

らい病は罪の象徴ですが、旧約において、そのらい病が治り、回復したときにあがないときよめの儀式が要求されました。その中で、油の注ぎも行われました。私たちもキリストの十字架の贖いによって罪赦され、きよめられましたが、さらに聖霊によって油注がれています。らい病のきよめの中で、油がつけられたのは、右の耳たぶと、右手の親指と、右足の親指、そして頭全体。それは私たちも聖霊の油注ぎによって、聞く耳と、手のわざと、足の歩みまた、全身がキリストの贖いによって、きよめられ、聖霊の働きと助けがあることを現しています。聖霊の油注ぎを大いにいただきましょう。「あなたがたのばあいは、キリストから受けた注ぎの油があなたがたのうちにとどまっています。それで、だれからも教えを受ける必要がありません。彼の油がすべてのことについてあなたがたを教えるように、・・その教えは真理であって偽りではありません。・・また、その油があなたがたに教えたとおりに、あなたがたはキリストのうちにとどまるのです」(1ヨハネ2:27新改訳)。

炉心

 

今日のQT箇所: レビ記14:21-32
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。