いのちのオアシス

バイブルビタミン

2019年10月31日

すべてのものの長子


今日のことば

レビ記27:26(新改訳JSS2017)ただし、家畜の初子は主のものである。初子として生まれたのだから、だれもこれを聖別することはできない。牛であれ羊であれ、それは主のものである。

コメント

旧約において、すべて人であれ家畜であれ、初子は主のものとして聖別されました。これはイエスキリストを指しています。イエスはマリヤの初子(ルカ2:7)であっただけでなく、すべて造られたものの先に生まれた方であり(コロサイ1:15)、死者の中から最初に生まれた方(コロサイ1:18;黙示録1:5)、多くの兄弟たちの中の長子(ローマ8:29)でもあります。私たちは「天に登録されている長子たちの教会」とも呼ばれています(へブル12:23)。イエスが、神の家族の長子であるから、私たちはその兄弟、天に登録されている者、最終的に死人の中からよみがえるものであります。「そのうえ、この長子をこの世界に送られたとき、神はこう言われました。「神のすべての御使いよ、彼にひれ伏せ」」(へブル 1:6 JSS2017)。イエスが神の長子として生まれた時に御使いと天の軍勢が礼拝されたように、私たちもその驚く恵みのゆえに主イエス・キリストをあがめ、礼拝しましょう。

 

炉心

 

今日のQT箇所:レビ記27:26-34
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。