いのちのオアシス

バイブルビタミン

2020年04月24日

とりなし手の役割


今日のことば

申命記 9:18-19 (リビングバイブル JCB) それで、私はもう一度、飲まず食わずで四十日間、主の前にひれ伏しました。あなたがたが主の最も憎まれることをして、怒りを買ってしまったためです。 私はその間中、あなたがたのことで頭がいっぱいでした。何しろ、主はすぐにでもあなたがたを滅ぼしかねないようすだったのです。しかしその時もまた、主は私の祈りを聞いてくださいました。 ‘

 

コメント

モーセはこの状況を真剣に受け止め、とりなし、祈りました。主があわれんでくださり、赦してくださるように祈りました。神の民は金の子牛を造り、それを神と言って拝みました。モーセはそれでも祈りました。これから先にこの同じことが何回も起こることを知っていながら、主は聞き入れて、彼らの罪を赦し、いやし回復しました。私たちはさばくものではなく、とりなすものでなければならない。 「さて、次のことを勧めます。すべての人のために、神のあわれみが注がれるよう熱心に祈り、とりなしなさい。そして、やがて彼らにも恵みが与えられると信じて、感謝しなさい。 また、すべての重い責任を負っている人たちのために祈りなさい。それは、私たちが主を深く思いながら、平安のうちに落ち着いた一生を過ごすためです。 そうするのはたいへん良いことで、救い主である神に喜んでいただけることです。 神はすべての人が救われて、真理を理解するに至ることを切に望んでおられます」(1テモテ 2:1-4 JCB)。私たちも与えられたとりなし手としての役割を真剣に受けとめるなら、主は聞いて答えてくださることを約束しています。「わたしの名で呼ばれているわたしの民が、自らへりくだり、祈りをささげ、わたしの顔を慕い求めてその悪の道から立ち返るなら、わたしは親しく天から聞いて、彼らの罪を赦し、彼らの地を癒やす。15今、わたしはこの場所でささげられる祈りに目を開き、耳を傾ける」(2歴代誌7:14‐15 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: 申命記9:18‐19
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。