いのちのオアシス

バイブルビタミン

2020年05月28日

神の見守り


今日のことば

申命記 25:4 (リビングバイブル JCB)脱穀をしている牛に口かせをはめてはいけません。

コメント

パウロはこの旧約の律法を取り上げて尋ねました。「神様は牛のことだけを心にかけて、こう言われたのだと思いますか。 私たちのことも、心にかけておられたのではないでしょうか。働く人が、その人のおかげで益を受ける人々から報酬をもらうのは当然であることを、神様は教えたかったのです。耕す者も脱穀する者も、当然、収穫の分け前にあずかることを期待してよいのです」(1コリント 9:9-10 JCB)。 イエスも同じようなことを引用しました。「空の鳥を見なさい。食べ物の心配をしていますか。種をまいたり、刈り取ったり、倉庫にため込んだりしていますか。そんなことをしなくても、天の父は鳥を養っておられるでしょう。まして、あなたがたは天の父にとって鳥よりはるかに価値があるのです」(マタイ 6:26 JCB)。神はご自分のすべての被造物を心にかけて養い、守られます。私たちに任されている動物をも顧み、養うように教えています(箴言12:10など参照)。とすれば、神の瞳である私たちをも守り養わないことがありますでしょうか? 聖歌にもありますように、「一羽のすずめに 目を注ぎ給う、主はわれさえも 支え給うなり」 (「一羽のすずめに」 新聖歌 285番)。

炉心

 

今日のQT箇所: 申命記 25:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。