いのちのオアシス

バイブルビタミン

2020年07月24日

私たちはキリストのさばきの御座の前に立つ


今日のことば

ローマ2:12-15(リビングバイブル JCB)外国人が罪を犯した場合、たとえ彼らが文字に書かれた律法を知らなくてもさばかれます。彼らは心の奥底では、正しいことと悪いこととを区別できるからです。その心の中には、律法が書かれているのです。つまり、彼らの良心が、彼らを責めたり、また時には弁護したりするわけです。

コメント

創造主なる神はすべての人の心の中に、神の基礎的律法を書き記されています。これを良心と言います。人間の堕落と創造主からの離縁のため、良心がけがされていることもありますが、それでも、本能的に何が正しいか、何が悪いかを知っています。神のことばの律法を知らなくても、心に書き記されているのです。これに従ってさばかれます。最終的に、私たちはすべて、キリストのさばきの御座の前に立ち、さばかれなければなりません。「私たちはみな、善であれ悪であれ、それぞれ肉体においてした行いに応じて報いを受けるために、キリストのさばきの座の前に現れなければならないのです」(2コリント5:10 JSS2017)。「そして、人間には、一度死ぬことと死後にさばきを受けることが定まっている」(へブル9:27 JSS2017;黙示録20:11-15も参照)。私たちの善であれ、悪であれ、すべてがさばかれますが、キリストの身代わりの死により罪の代価と罰はすべて払われています。「キリストも、多くの人の罪を負うために一度ご自分を献げ、二度目には、罪を負うためではなく、ご自分を待ち望んでいる人々の救いのために現れてくださいます」(へブル9:28 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: ローマ2:12-16
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。