いのちのオアシス

バイブルビタミン

2020年09月1日

悔い改めの時はいつまでも続きません


今日のことば

エレミヤ26:4‐6(新改訳 JSS2017)「彼らに言え。『主はこう言われる。もし、あなたがたがわたしに聞き従わず、あなたがたの前に置いたわたしの律法に歩まず、5あなたがたに早くからたびたび遣わしてきた、わたしのしもべである預言者たちのことばに聞き従わないなら──実際、あなたがたは聞き従わなかった── 6わたしはこの宮をシロのようにし、この都を地上のすべての国々の、ののしりの的とする。』」

コメント

主なる神は恵み深く、いつくしみと忍耐深いお方です(出エジプト34:6;民数記14:18など参照)。しかし、いつまでも待っておられるのではありません。エレミヤは昔、神がシロに対して行われた、さばきを思い起こさせて、悔い改めるように語りました。シロとはエリの時代に起こった出来事で、当時の者が主に対して強情で、好き勝手にふるまい、神に対する恐れも、敬う心も全くなかったので、くりかえし、警告された後、さばきを下し、祭司であったエリとその子たちを殺し、神の契約の箱(神の臨在と主権の王座を表すもの)が敵に奪われてしまいました(1サムエル4:10‐12;4章全体参照;詩篇78:60‐64も参照)。ペテロも私たちに警告を与えています。「主は、ある人たちが遅れていると思っているように、約束したことを遅らせているのではなく、あなたがたに対して忍耐しておられるのです。だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。10しかし、主の日は盗人のようにやって来ます。その日、天は大きな響きを立てて消え去り、天の万象は焼けて崩れ去り、地と地にある働きはなくなってしまいます。11このように、これらすべてのものが崩れ去るのだとすれば、あなたがたは、どれほど聖なる敬虔な生き方をしなければならないことでしょう」(2ペテロ3:9‐11 JSS2017)。

炉心

 

今日のQT箇所: エレミヤ26:1‐15
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。