いのちのオアシス

バイブルビタミン

2020年09月26日

苦しい時の神頼み


今日のことば

エレミヤ37:2-3(新改訳 JSS2017)彼も、その家来たちも、民衆も、預言者エレミヤによって語られた主のことばに聞き従わなかった。3ゼデキヤ王は、シェレムヤの子ユカルと、マアセヤの子、祭司ゼパニヤを預言者エレミヤのもとに遣わして言った。「どうか、私たちのために、私たちの神、主に祈ってください。」

コメント

日本のことわざに「苦しい時の神頼み」とありますが、苦しいとにこそ神により頼み助けを求めるべきです。しかし、それは今の危機から救い出すことだけではなく、私たちの心も顔も主に向けなければなりません(エレミヤ2:27参照)。必要なのは真の悔い改めです。「主、主は、あわれみ深く、情け深い神。怒るに遅く、恵みとまことに富み、」(出エジプト記34:6 JSS2017)。しかし、ただ危機や苦難からの救いだけ求めて、心を神に立ち返らせなければ何の意味もないし、神は聞き入れないでしょう。「あなたがたがわたしに呼びかけ、来て、わたしに祈るなら、わたしはあなたがたに耳を傾ける。あなたがたがわたしを捜し求めるとき、心を尽くしてわたしを求めるなら、わたしを見つける」(エレミヤ29:12-13 JSS2017;2歴代誌7:14も参照)。

炉心

 

今日のQT箇所: エレミヤ37:1-10
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。