いのちのオアシス

バイブルビタミン

2020年09月30日

主に信頼するものは救われる


今日のことば

エレミヤ39:1-2(新改訳 JSS2017)ユダの王ゼデキヤの第九年、第十の月に、バビロンの王ネブカドネツァルは、その全軍勢を率いてエルサレムに攻めて来て、これを包囲した。ゼデキヤの第十一年、第四の月の九日に、都は破られ、

コメント

エレミヤが繰り返し預言したことが成就されました(エレミヤ32:3-5; 34:2-3, 19-22など参照)。この状況の中において3人の方のことがこの章に記録されています。神のことばを聞きながらもそれを受け入れず、自分の知恵と力に頼ったゼデキヤ王とその部下たちは夜中にエルサレムから逃げようとしましたが、捕らえられました。ゼデキヤ王の前で、息子たち、王族の者が殺されました、そしてゼデキヤ王の目がえぐり取られました(4-7節参照)。これまで、監視の庭(監禁の場所)にいたエレミヤはネブカデネザル王の個人的支持によって解放され、その要求をすべて満たしてあげるように命じられました(11-12節参照)。そして、エチオピア人の宦官エベデ・メレクは主に信頼し、主に従うとしていたので、神は守りと祝福の約束を与えました。「しかしその日、わたしはあなたを救い出す──主のことば──。あなたは、あなたが恐れている者たちの手に渡されることはない。わたしは必ずあなたを助け出す。あなたは剣に倒れず、あなたのいのちは戦勝品としてあなたのものになる。あなたがわたしに信頼したからだ──主のことば』」(17-18節)。さばき、災害、苦難のただなかにおいても、主に信頼するものは救われます。「私は主に申し上げよう。「私の避け所 私の砦、私が信頼する私の神」と。主こそ 狩人の罠から、破滅をもたらす疫病からあなたを救い出される。主は ご自分の羽であなたをおおい、あなたは その翼の下に身を避ける。主の真実は大盾 また砦」」(詩篇91:2-4 JSS2017;14-16も参照)。

炉心

 

今日のQT箇所: エレミヤ39:1-18
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。