いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年03月25日

イエスが共に食事をしたい


今日のことば

マタイ26:18(新改訳JSS2017)イエスは言われた。「都に入り、これこれの人のところに行って言いなさい。『わたしの時が近づいた。あなたのところで弟子たちと一緒に過越を祝いたい、と先生が言っております。』」

 

コメント

イエスが最も暗い時を直面しようとしていましたが、ぜひとも弟子たちと共にもう一度だけ食事をしたいと願われました(ルカ22:15も参照)。しかし、これは単なる食事ではありませんでした。過ぎ越しの食事でした。過ぎ越しの小羊がほふられて、その血によって、罪が覆われ、神の怒りが「過ぎ越す」ためのいけにえでありました。これはキリストの身代わりの死を描写し、指していました。しかし、ただ罪を覆うだけではなく、きよめ、取り除くいけにえとなりました。この時、弟子たちと最後の食事となることを知っていて、共に分かち合うことを喜びとしていました。その夜イエスはパンを取ってそれを裂き、弟子たちに与えて言いました。「取って食べなさい。これは私の体です。」(この意味をヨハネ6:33-35;47-58で説明しました。)。 また、杯をも取って言いました。「みな、この杯から飲みなさい。これは多くの人のために、罪の赦しのために流される、わたしの契約の血です。」そして、こう言いました。「わたしを覚えて、これを行いなさい」(ルカルカ22:19 JSS2017)。  でも、これはまた、後の小羊の晩餐をも指していました(ルカ22:16; マタイ8:11; 黙示録19:9など参照)。イエスは今も私たちと食事をともにし、交わり、楽しむことを望んでいます。ゆえに、招待しています。「見よ。私は戸の外に立ってたたいている。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその人の所に入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする」(黙示録3:20 JSS2017)(JCB 「わたしは中に入って、だれとでも親しく語り合います。そして、互いに楽しい時を過ごすのです」)。これはイエス様の最大の楽しみと喜びです。私たちはどうでしょう。

炉心

 

今日のQT箇所: マタイ26:17-35
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。