いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年06月15日

神は交わりを望まれます


今日のことば

出エジプト記25:8-9, 22,30,37 JSS2017 彼らにわたしのための聖所を造らせよ。そうすれば、わたしは彼らのただ中に住む。22わたしはそこであなたと会見し、イスラエルの子らに向けてあなたに与える命令を、その『宥めの蓋』の上から、あかしの箱の上の二つのケルビムの間から、ことごとくあなたに語る。30机の上には臨在のパンを置き、絶えずわたしの前にあるようにする。37また、ともしび皿を七つ作る。ともしび皿は、その前方を照らすように上にあげる。

 

コメント

出エジプト記25章から、モーセの幕屋を造り、建て上げる詳細が記録されています。この幕屋の目的を主なる神がこのように言いました。「そうすればわたしは彼らのただなかに住む。」神が人を最初に創造されたときから、これは神の願いであり、目的です。ともに住み、ともに歩み、ともに交わることです。この幕屋とその中の器具はすべて、これを指し、意味しています。また、幕屋全体と、それぞれの器具はキリストをもさして、描写しています。主なる神との交わりの所でした。最初に造った器具は契約の箱でした。神の臨在そのものを現し、神の御座を現すものでした(詩篇80:1;イザヤ37:16参照;詩篇90-91も同様)。次に造ったのは備えのパン(臨在のパンとも呼ばれている)の机です。イエスは「わたしはいのちのパンです。」と言いました。そして、ともに食事をし、交わることを望んで、私たちを招きます。「見よ、わたしは戸の外に立ってたたいている。だれでも、わたしの声を聞いて戸を開けるなら、わたしはその人のところに入って彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする」(黙示録3:20 JSS2017)。次は燭台を造りました。これは幕屋の中を照らす灯りとなりました。イエスはまた言いました。「わたしは世の光です。わたしに従う者は、決して闇の中を歩むことがなく、いのちの光を持ちます」(ヨハネ8:12 JSS2017)。主は私たちをご自分のところに引き寄せ、私たちと交わることを願っています。応答して近づきましょう。

 

炉心

 

今日のQT箇所: 出エジプト記25:23-40
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。