いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年07月3日

恵みとあわれみといつくしみの神


今日のことば

出エジプト記34:6-7(新改訳JSS2017)主は彼の前を通り過ぎるとき、こう宣言された。「主、主は、あわれみ深く、情け深い神。怒るのに遅く、恵みとまことに富み、7恵みを千代まで保ち、咎と背きと罪を赦す。しかし、罰すべき者を必ず罰して、父の咎を子に、さらに子の子に、三代、四代に報いる者である。」

 

コメント

モーセが割られた、十戒が書かれていた2枚の石の板を作り直し、神がもう一度十戒を刻むためにもう二枚の石の板を山にもっていきました。しかし、主はこの板に十戒のことばをご自身で刻み込む前に、モーセと私たちに宣言しました。「主、主はあわれみ深く、情け深い神、怒るに遅く、恵みと真に富み、...咎と背きと罪を赦す。」主なる神は聖であり、義なるお方であり、正義を守られる神です。同時に、恵みとあわれみといつくしみに富んでおられる神です。この両面を完全なバランスをもって保っています。ゆえに、ひとり子イエスを身代わりの贖いとなるために使わしました。「実に神は、ひとり子をさえ惜しまず与えるほどに、この世界を愛してくださいました。それは、神の御子を信じる者が、だれ一人滅びず、永遠のいのちを得るためです。 神がご自分の御子を世にお遣わしになったのは、世をさばくためではなく、世を救うためです。 この神の子を信じる者は、永遠の滅びを免れます。しかし信じない者は、神のひとり子を信じなかったので、すでにさばかれているのです」(ヨハネ3:16-18 JCB)。ゆえに、パウロは言いました。「こういうわけで、今は、キリスト・イエスに属する人が罪の宣告を受けることはありません。 34では、私たちを罪に定めるのはだれですか。キリストですか。とんでもない。キリストは私たちのために死に、復活し、今は神の右の座で、私たちのために祈っていてくださるお方ではありませんか」(ローマ8:1,34 JCB)。

炉心

 

今日のQT箇所: 出エジプト記 34:1-9
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。