いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年07月13日

私たちにできること


今日のことば

出エジプト記38:24-25,29(新改訳JSS2017)聖所の設営のすべてにおいて、その仕事のために用いられた金、すなわち奉献物の金の総計は、聖所のシェケルで二十九タラント七百三十シェケルであった。25登録された会衆による銀は、聖所のシェケルで百タラント千七百七十五シェケルであった。奉29献物の青銅は七十タラント二千四百シェケルであった。

(リビングバイブル JCB)人々が奉納し、幕屋建設に使った金は約一千キログラムに達しました。25銀は三、四四〇キロ使われました。29青銅は約二、四〇〇キログラム奉納され、(…使われました)。

 

コメント

モーセの幕屋を建てるために使った金属は金、銀、銅。それぞれ大量に使われました。金はおおよそ1000㎏。銀はおおよそ3400㎏。銅は約2400㎏。どこからこの大量のものが来たのでしょうか?それはそれぞれ、持っているもの、多かろうが、少なかろうが、ささげたときにあつまったものです。金と銅は心のある方が感じたとおりに捧げました。しかし、銀は人口調査の時に20歳以上の男の方がそれぞれ1/2シェケル(約5-6g)を払ったものでした。これは贖いの銀とも呼ばれました。しかし、すべて集められたときに幕屋のために用いられました。同じように、私たちは一人一人持っているものから捧げる時に神はすべてを用いて栄光と力を現されます。だから、イエスはやもめのレプタ二枚でも軽んじることなく、逆に、心から捧げたので、ほかの誰よりもささげたと誉めました(ルカ21:2-3参照)。現代の実例として、2020オリンピックのメダルを造るために使ったのは日本全国から集められた携帯、スマホ、ゲーム機、などから金、銀、銅を回収しリサイクルしたものです。iPhone一台から回収できる金属は金0.034グラム、銀0.34グラム、銅(青銅)は15グラム。しかし、すべて合わせると今回必要としている812枚のメダルが出来上がったのです。自分は何もない、少ししかできないと思ってはいけません。その少しをも主に捧げ、主の家のために用いられるときに神の栄光と力が教会を通してあらわされるのです。私たちにできることをやりましょう。

炉心

 

今日のQT箇所: 出エジプト記38:21-31
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。