いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年08月17日

主のラッパの音に応答する


今日のことば

士師記6:33-34 ミディアン人やアマレク人、また東方の人々はみな連合してヨルダン川を渡り、イズレエルの平野に陣を敷いた。主の霊がギデオンをおおったので、彼が角笛を吹き鳴らすと、アビエゼル人が集まって来て、彼に従った。

 

コメント

神の民に敵対する国々が寄せ集められ、イスラエルを圧政し滅ぼそうとたくらみました。しかし、彼らが集められたのは、神の御業と勝利を現すためでした。主の霊(聖霊)がギデオンをおおったとき、角笛を吹き鳴らし、神の民の中に、心のある方が招集されました。ヨエルにも、神の民が呼びかけられて、主の働きに備えるように言われました。「シオンで角笛を吹き鳴らし、わたしの聖なる山でときの声をあげよ。」地に住むすべての者は、恐れおののけ。主の日が来るからだ。その日は近い。それは闇と暗闇の日。雲と暗黒の日。数が多く、力の強い民が、暁とともに山々の上に進んで来る。このようなことは、昔から起こったことがなく、これから後、代々の時代までも再び起こることはない」(ヨエル2:1-2 JSS2017)。私たちの応答は詩篇27篇にあります。「主は私の光、また救いです。 だれを恐れる必要がありましょう。 私を亡き者にしようと襲いかかる悪者は、 つまずき倒れます。 たとえ大軍が押し寄せようとも、恐れません。 必ず神が救ってくださると信じているからです。 私が神にお願いすることは、ただ一つです。 私の求めてやまないものとは、 主の宮で黙想にふけり、 いのちある限り主の前で暮らすこと、 比べようもない、主の麗しさと完全と栄光とを 喜ぶ特権です」(詩篇27:1-4 JCB)。

今の状況の中で(コロナ禍、大雨、世界の国々の状況と動き、次何が起こるかわからない中)私たちの「目はどこ?」「目はここ!」イエスに目を向けましょう。また、主を待ち望みましょう(イザヤ40:31参照)。

炉心

 

今日のQT箇所: 士師記6:33-40
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。