いのちのオアシス

バイブルビタミン

2021年08月19日

夢と幻に励まされる


今日のことば

士師記7:13-14(新改訳JSS2017)ギデオンがそこに来ると、ちょうど一人の者が仲間に夢の話をしていた。「聞いてくれ。私は夢を見た。見ると、大麦のパンの塊が一つ、ミディアン人の陣営に転がって来て、天幕に至り、それを打ったので、それは崩れ落ちて、ひっくり返った。こうして天幕は倒れてしまった。」すると、その仲間は答えて言った。「それはイスラエル人ヨアシュの子ギデオンの剣でなくて何であろうか。神が彼の手に、ミディアン人と全陣営を渡されたのだ。」

 

コメント

主は夢と幻を持って語ることもあります。しかし、これは、私たちの人生を占うものではなく、神のことばを確認し、励まし、激励するためのものです(時には警告も与えます)。必ず、神のことばに照らし合わせなければなりません。「夢を見た預言者は夢を語るがよい。しかし、わたしのことばを受けた者は、わたしのことばを忠実に語らなければならない。麦は藁と何の関わりがあるだろうか。──主のことば──(エレミヤ23:28 JSS2017)。この終わりの時代にますます聖霊は夢と幻を与えることが多くなると信じます(ヨエル2:28参照)。すでに多くの夢などが与えられています。ギデオンは自分にではなく、敵軍の兵士に与えられた夢を聞いて、非常に励まされ、奮起させられました。そして、神が既に与えられたことばに従って、動き始めました。その結果、神はミデアン人の陣営に大混乱を起こし、彼らは同士討ちし、完全に打ち負かされてしまった(ぜひ、この話の全てを呼んでください。士師記7:16-25参照)。

炉心

 

今日のQT箇所: 士師記7:9-25
(自分の感想と思いを書いてみましょう。神様との交換日記などにつけましょう。)
リビングライフQTのHP: 
http://japan.cgntv.net/detail.php?number=27&category=1042
http://qt.swim.org/user_dir/japanlife/user_print_web.php

バイブルビタミンメール便お申し込み:
このバイブルビタミンをメール送信で受けたい方は
http://eepurl.com/cxmGIn にお申し込みください。